アセチレン

アセチレン

溶解アセチレン

溶解アセチレンガスは、各種可燃性ガスの中では最も高温で燃焼し、金属の溶接・溶断加工に適し作業性、効率の高いガスです。また、熱処理や有機合成品の製造原料としても使用されています。

溶解アセチレン容器の種類(参考) 溶解アセチレン容器
  • (注)質量はガス充てん量等を含んでいません。
  • (注)容器の寸法や重量は実際とは少し異なる場合があります。
  • (注)容器は当社の製品ではありません。
溶解アセチレン容器
溶解アセチレン

高純度アセチレン

高純度アセチレンガスは、当社独自の技術により高純度化し、精製されたアセチレンガスです。半導体の炭素原料や硬質炭素膜の生成原料等に使用されており、最近では、カーボンナノ等の新素材の原料ガスとして注目されています。

溶解アセチレンとは

溶解アセチレンができるまで
発生工程
カーバイド(炭化カルシウム)に水を注ぐと、アセチレンが発生します。
CaC2 + 2H2O → C2H2 + Ca(OH)2
カーバイド + 水 → アセチレン + 水酸化カルシウム
清浄工程
発生したアセチレン以外の不純物を除去します。
圧縮工程
清浄したアセチレンガスを圧縮機で圧縮し、油分と水分を除去します。
充填工程
圧縮したアセチレンガスを多孔物質に溶剤を浸込ませた容器に充てんします。

製造フロー図

アセチレンの優れた特性

1.火炎温度が高い

  • 溶断ガスの中で最高の3,330℃の火炎温度である。(プロパンは2,600℃)
  • 火炎温度が高いことにより、作業のスピードアップが図れる。

2.酸素の消費量が少ない

  • 溶断ガスの中で酸素の消費量が最も少ない。(プロパンの1/4)
  • 酸素消費量が少ないので酸素容器の使用本数を減らせることができる。
アセチレンとその他切断ガスの諸物性
アセチレンとその他切断ガスの諸物性
アセチレンの用途
  • 鉄筋の圧接
  • 溶接・溶断
  • ろう付け
  • 溶射
  • 焼き入れ
  • 製缶品の歪取り加工
  • 原子吸光分析
  • 炭素化合物の炭素原料
アセチレン容器

アセチレンガスは不安定なガスの為、他のガスのように加圧して充てんすると危険なので特殊な容器に充填されています。アセチレン容器は、内部に隙間なく多孔物質(ケイ酸カルシウム固形物)が詰められ、これに溶剤としてアセトン又はDMF※を浸透させております。これらの溶剤にアセチレンを加圧溶解することによって安全に取扱えることができます。
※DMF:ジメチルホルムアミド

アセチレンガス
アセチレンガス
アセチレン消費上の注意
  1. 容器は必ず立てて使用して下さい。
  2. 減圧弁、圧力計、ホースなどはアセチレン専用のものを使用して下さい。
  3. 逆火防止装置を取り付けることが義務づけられています。
  4. 容器弁はゆっくり開けて下さい。
  5. 溶接・切断作業中、容器バルブの開閉用ハンドルは、バルブに取り付けたままにして下さい。(万一の着火事故のことを考え)
  6. アセチレン容器に火気を近づけないで下さい。また、溶接の火花がふりかからないようにし、ホースを遮蔽物で保護して下さい。
  7. 吹管(トーチ)に点火したまま、調整器を操作して圧力を調整したり、容器バルブを閉めないで下さい。
  8. アセチレンの消費速度は、容器一本当り毎時1kg以下に保って下さい。
  9. 毎時1kgを越える速度で消費する場合は、マニホールド(集合装置)を使用して下さい。
  • 環境活動
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ