代表挨拶

代表挨拶

自社ブランド製品を拡充し、より幅広いニーズに対応

大陽日酸ガス&ウェルディング株式会社は、2013年に3社が合併して誕生しました。
当社の歴史はまだ始まったばかりですが、その源流は終戦直後の1950年代まで遡ります。
若い会社ではありますが、長い歴史を経て今があるとも言えます。
長い歴史で培われたノウハウと若さを活かしつつ、近年は工業用や産業用のガス関連商品や溶接関連商品の卸売に自社ブランド商品の販売をラインナップに加え、ガスや溶接に関わる領域をより広くカバーできる体制を整えました。
近年はエネルギーの効率化による省エネニーズが高まり、当社もガスの利用そのものは横ばいですが、省エネニーズを満たす設備投資のご要望を数多くいただいています。今後は少子高齢化のさらなる進行に伴う人手不足やグローバル競争の激化も加わり、自動化や省人化のニーズがさらに高まると予想されます。
こうしたニーズを満たすためには、お客さまの課題やビジネスの方向性とそれを解決する専門知識を結びつけ、解決への道しるべを示すパートナーが必要です。当社では高い専門知識とエンジニアリング力を有した営業担当者一人ひとりが、課題解決やニーズの実現をお手伝いをさせていただきます。

行動力、提案力、学習意欲を備えた社員の育成をめざす

行動力、提案力、学習意欲を備えた社員の育成をめざす

当社では社員一人ひとりの成長をめざして年代別・役職別の社員研修を実施しているほか、各拠点ごとにメーカー担当者や専門家を講師に招聘して勉強会やセミナーを開催。最先端の専門知識や事例共有など、お客さまのお役に立てる営業担当者であり続けるために不断の努力を続けています。
また日頃から『自分の会社』という意識を備え、自分の意見や考え方をしっかりと伝えられる人であって欲しいと社員に伝えています。"指示待ち"や"御用聞き"の営業スタイルだけではお客さまのお役には立てません。特に営業担当者は、現場を点から面、面から立体的に捉える意識や現場の課題を解決する提案力、商品知識や補助金制度などに関して常に学び続ける姿勢が求められます。お客さまから「会社ではなく『あなた』から買いたい」と言われる営業担当者をひとりでも多く育てることが、人材育成における私の使命だと考えています。

『お客さまに必要とされる企業であること』を追及し続ける

当社がめざすのは『お客さまから必要とされる企業であり続けること』にほかなりません。
そのために従来の卸売事業に加えて、自社ブランド商品を新たな事業の柱として確立するべくさまざまな取り組みを行っています。そのプロセスにおいては海外への販売も視野に入れると同時に、自社ブランド商品を充実させることでより多くのニーズに応えられる企業となり、これまで以上にお役に立てる企業となることをめざし進化を続けます。
また、市場の変化に対応するべく、多くのお客さまが生産効率の向上や作業環境の改善といったニーズをお持ちで、それを実現するために設備の新設や入れ替えを検討しておられます。商品ラインナップと営業担当者のコミュニケーション力を武器に、こうしたご要望にも応えてまいります。
これからも皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

『お客さまに必要とされる企業であること』を追及し続ける
  • 環境活動
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ